風俗メンズエステ情報ならNADIA

風俗裏話 キャッシュバッグ率

キャッシュバックのメリット

デリヘルで働くからにはなんとしても高収入稼ぐことが出来なければ!と思っている人たちも多くいるでしょう。
デリヘルを利用するとお金を支払いしますが、プレイ料金の中には女の子たちの報酬が含まれています。
キャッシュバックとは商売で例えるのなら、仕入れ値のようなものです。
デリヘルのキャッシュバッグ率が高いと女性たちのお仕事に対してのモチベーションも俄然アップすることが出来るでしょうし
女性の人たちもバック率が高ければ高いほどもっと長くお仕事をしたいと思うでしょう。
デリヘルの高いキャッシュバッグ率は女の子にとってとても大きなメリットがあります。

キャッシュバック率ってどんな感じなの?

デリヘルにはいろいろなジャンルがありますが、平均的だと60分10,000円程度
しかしそれぞれの店舗でキャッシュバック率を比較すれば
あるデリヘル店ではキャッシュバック率が60%であり、あるデリヘルでは70%だったりします。
ということは支払いされるキャッシュバック額はお店によって異なり
金額は6,000円であったり、7,000円であったりと大きな差が出て来てしまうことになります。
もちろんデリバリーヘルスでお仕事をする女の子にとって7,000円の方がいいに決まっています。

キャッシュバック率は高く設定すれば良い?

これだけ聞いてしまうとキャッシュバッグ率が高い程いい!と思ってしまいがちですがそれだけではダメなのです。
店舗側からすると同時にお店もしっかり稼ぎを生む必要があります。
料金のうち、女の子のキャッシュバックが7,000円だとお店の取り分が 3,000円となってしまうためより回転率をアップしなければなかなか充分に稼ぐことが出来ないのです。
その影響がくるのは働いている女性たち
無理な予約を入れられたり、新規客やリピーターを獲得するためにハードなプレイを求められたり・・・
そうなってしまうといくらバック率がよくても「話が違う」と辞めたくなる可能性だって十分にあります。

経営する側もどうしていいかいろいろと頭を抱えているのかもしれません。
デリバリーヘルスにとってキャッシュバック率というものはとても大事なものなのです。
最近では「キャッシュバッグ率変動制」というシステムを取り入れるお店が増えていると言われています。
互いに納得しながら働けるよう3ヶ月間はバック率を70%、4ヶ月目からは60%のように変動していくシステムです。
逆に、モチベーションを上げ長く働いてもらう為に入店3ヶ月間はバック率50%であり、4ヶ月目からは60%というパターンもあります。

最新記事