究極の風俗メンズエステ 性感エステならNADIA

デリヘル嬢は住む場所を自由に選べる

デリヘル嬢はリッチ?

家賃は一人暮らしをする方にとって、家計を苦しめる痛い出費です。
普通に社会人として働いていても家賃として払えるのはせいぜい10万以下、なるべく家賃の安い場所に住もうとします。
しかし、デリヘルで働く女性にとって家賃は大きな問題ではありません。
もちろんマンションを購入するようなことは無理ですが、一人暮らしの部屋を借りるくらいなら「どこにでも好き場所に住める」のです。

気になる収入

家賃を気にせず住む場所を決められるのは、ひとえに彼女たちの収入が高いからです。
デリヘルで働く女性の中には、月に100万円以上の金額を稼ぐ女性もいます。
もちろんその為には1日8時間労働、週6出勤で月に20日以上働かねばなりませんが、それをクリアできれば100万円はわりと簡単に稼ぐことができるのです。
一人暮らしの生活費はかかっても10万くらい、ですので大げさに言えば残りの90万を家賃に使ってもいいことになります。

とはいっても家賃に90万円はかけ過ぎです。
都心で最も家賃の高い部類に入る六本木でも、一人暮らしの人が借りるであろう1Kや1Rの家賃相場は12~14万円。
このくらい出せば都内の一等地に部屋を借りることができます。
誰もが憧れる土地にも、風俗で働く女性は簡単に住めてしまうのです。

収入の使い道

中には、都内を出て千葉や神奈川などを選ぶ女性もいます。
都心を外れると、間取りの広い最新設備の部屋でも10万円以下の値段で借りられるのです。
もちろん通勤時間が長くなったり、利便性は悪くなりますが「広い、きれいな家に住みたい!」という願望の強い女性は東京を出る場合もあります。
単純に収入が大きいからといって、家賃の高い家に住まないという選択肢もあります。
中には、借金の返済や貯金を目的にデリヘルで働いている女性もおり「家賃にはお金をかけない」という考えを持っている女性もいるのです。
そのような女性は、一般的な人が住むような6~7万円前後の1Rや1Kに住んで私たちと変わらない生活をし給料の大半を貯金や返済に回しています。
様々な暮らし方がありますが、風俗で働く女性には何より収入があります。
都内の一等地に住む都心を外れて広い家に住む、はたまた貯金するために家賃にはお金をかけない、どこに住むか、どんな暮らし方をするかを自由に選ぶことができるのです。

最新記事